作品について

◎作品について

全てハンドメイドの純銀のアクセサリーです。

ひとつ一つ手彫りに拘り製作しています。

同じデザインでも人間と同じ様にそれぞれ表情が違う・・・

世界に一つアナタだけのアクセサリーをお届けします!

デザインは、とにかく「かっこいい」を目指しています。

ユニセックスで着けられる女性ならではの

”ワイルド且つやわらか”な作品をご紹介していきたいと思います。

KISHIHOの商品は、銀粘土を使用している為、素材は「純銀(SV1000)」になります。(一部、金具は除く)

シルバーの純度は通常、千分率で表記されます。

いちばん一般的なのは「SV925」ですが、これは92.5%がシルバー(銀)であるということで、残り7.5%が、

その他の金属(銅、ニッケル、コバルト、亜鉛など)を混ぜて作ったシルバーという意味です。

これはスターリングシルバーとも呼ばれています。

厳密にはこれはシルバーではなく合金です。

次に有名なのは「SV950」です。これは95%が銀、残り5%がその他の金属ということになります。

全く何も混ざっていないシルバーが「SV1000」純銀となります。

<その他の金属を混ぜる理由>

それは硬度を保つ為です。

何も混ざり物がないと純銀は、とても柔らかいので硬さを出す為にその他の金属を混ぜています。

しかし、この金属がくせもので、変色やアレルギーなどの原因になっています。

KISHIHOでは、硬度が必要なピアスや革紐の金具、ネックレスチェーンなどに使用しております。

アレルギーについて>

金属アレルギーで悩んでいらっしゃる方、また、悩むほどではなくても痒くなったりする方は、

シルバーに対してかぶれるというイメージがありますが、実は、シルバーがアレルギーの原因ではなく、

一般的なシルバーアクセサリー「SV925」や「SV950」に含まれる銅やその他の金属が、主たる原因であることが

ほとんどです。

銀自体は極めてアレルギーになりにくい金属とされていますので「SV1000」は金属アレルギーに極めて強い素材です。

<変色について>

なぜ変色するのか?

それは、シルバー自体よりも「SV925」や「SV950」に含まれる銅の為です。

もちろん、シルバー自体も変色はするのですが、速度は非常に遅いのです。

ですから「SV925」や「SV950」に比べると「SV1000」の変色はびっくりするほどゆっくりで、

特に付けっぱなしときは、その差が歴然です。

また、変色が内部に浸透しませんので、シルバーポリッシュなどで少し拭けばすぐに戻ります。

純銀「SV1000」ならではの付け心地>

皮膚に吸い込まれていく様な、しっとりのしたやわらかさ、肌馴染みの良さを実感できます。

<純銀の弱点>

「SV925」と比べると、やはりデリケートな素材であることには間違いありません。

(ちなみに「SV950」とほぼ同じくらいの硬度になります)ですので、例えばリングであれば、

付けっぱなしにしていた場合「SV925」に比べて、硬度が弱いため傷が付きやすいということが唯一弱点といえます。